teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ~中堅経営者の都合により再開中~(259)
  2. 真Wカップロードトゥカトゥアール(7)
  3. W杯最終スレッド改めRoad to 2014!!(1000)
  4. ランニング部(503)
  5. 熱いぜ!!アウトドア(8)
  6. 海外旅行回顧録(11)
  7. 日本決勝T進出記念スレッド!~Part2~(101)
  8. ワールドカップ開催記念スレッド(100)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」ーあとがきにかえてー

 投稿者:  投稿日:2019年 3月16日(土)19時38分21秒
返信・引用
  柏-上越 280キロ 11時間[休憩2時間含]午前2時到着

上越-白川郷206キロ 6時間[休憩特になし]午前8時到着

白川郷-大阪南港390キロ 11時間[迷い3時間含]午後9時05分到着

大阪南港-東予港270キロ 8時間[フェリー]午前6時到着

東予港-下灘駅[松山市経由75キロ 5時間[休憩道草3時間]午前11時到着

下灘駅-しまなみ海道入口[75キロ 2時間[道草10分]午後2時前到着)

しまなみ海道-尾道[70キロ 2時間30分[休憩特になし]午後時4時30分到着

尾道-京都[300キロ 8時間[休憩ちょいちょいコンビニで]午前時3時30分到着

京都-自宅[550キロ 22時間[休憩4時間+昼食+ちょいちょい]午後時6時30分到着

総行程2141キロ(フェリー移動270キロ含む)

バイク走行距離は色々ふらついたのも含めると2100キロ。

4泊5日 99時間中
睡眠時間12時間
移動時間75.5時間
観光時間11.5時間w
衝撃的だなメインの観光の少なさは。

行先はほぼ予定通りだったので、やはり計画自体が無謀だったのだろう。バイト君にもそれは厳しいと言われていたのだが、全面的に押せ押せだったので、乗る時間が多くなり、睡眠時間がどんどん削られていった。食事も全然まともなのとってない。
ご当地グルメが全くというほど食べられなかった。

原因はひとつひとつの目的地が遠すぎたこと。その辺を妥協しなかったので厳しさを増した。結果的に行くだけで時間がかかりすぎて寄り道等ほとんどできなかった。
グーグルマップの信用性のなさ。計画がこれに沿ったものだったが本文中にも書いたがかなりシビア。
あとはやはりスマホが壊れたことだな。
かなりキツキツのものが更に検索で時間食った。

天候も悪すぎた。星空が撮れなかったのも残念。

まあでもよかった。走ってる最中は辛いと思ってたが、間違いなく良い旅でした。

沢山の見知らぬ土地に行けたことも素晴らしかった。おれは出張がないし、基本家族旅行も近場なので、海外以外は本州から出たことなかった。大阪より西は行ったことなかったし、そういうのも含めて遠い場所に行ってみたかった。
ただ通りすぎたのも含めると、

千葉ー埼玉ー群馬ー新潟ー富山ー岐阜ー石川ー福井ー滋賀ー京都ー大阪ー愛媛ー広島ー岡山ー兵庫ー(京都)ー三重ー愛知ー静岡ー神奈川ー東京ー(千葉)かな?

1都2府17県制覇。

反省すべきは、距離と時間だな。長距離は割り切って1回、若しくは2回はいいとして、全て長距離はあり得ないね。短く余裕あるプランで寄り道できるくらいにしないと。

余裕なさすぎては宿にも泊れてないので、(1日はいいところに泊まる予定だった。)飯もいいの食べてないし、旅としては最低な感じがするけれども、それは一人旅のいいところで自分が納得してりゃ、どうとでもなるわけで。今回は写真を撮りたいとこを選んで(西を中心に)行きたいように行ったわけで。
初めてだったからこんな無茶出来たのも事実で、次に行くとなったらここまでのプランはまず無理だー。絶対制限してしまう。

まあ手段はあるけどね。

さて次回も楽しみ~


 
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」最終章-5日目

 投稿者:  投稿日:2019年 2月24日(日)01時43分11秒
返信・引用
  月第2週金曜日ー5日目ー

午前7時。4時間の休息。相変わらず雨は降っている。
さて今日は仕事だぜ~、と思いながら出発した。
浜松、ウナギ食べたいと素通り。いや静岡横に広い。
途中125CC以下通行不可の通りがあって地味に時間ロス、全く差別的だ。意味がわからない。50CCはまだわかる。スピード出ないし。だが110CCなら車と遜色ない走りができるので、こういうのはなくすべきだ。
反対!

昼過ぎようやく富士山ビュースポット到着。モツ煮込み食べた。格別の富士山。
全く見えない。

この小旅行で大きな目標の一つに朝焼け富士山の他に満天の星空を撮影するというのもあった。

この小旅行、ほとんどが雨か曇り。晴れてたのは吉田寮にいた時くらいか。意味ない。
夜は雲に覆われカメラを向けることもなく。夜の走りは撮影のためでもあったんだけど、今考えると撮影時間なかったかなぁ。ずっと時間に追われていたからなー。

目標 富士山 星空 未達ー

昼過ぎ、箱根到達。登りで40キロ出ず。この辺はパワー不足だ。クルマに抜かれてしまう。
箱根を越えて小田原、平塚、藤沢、横浜経由で帰ってきたんだけど246号でもよかったか。

この辺にくるともうすぐだと錯覚してしまうが、箱根越えてからも家つくまで5時間は走ってるんだよな。
東京に着いてから地元感はハンパない。

虎ノ門で見上げたら知っている看板あったので撮ってみる。

ちょっと時間ギリギリかなと思ってたので休憩も、富士からろくすっぽ取ってない。
毎度毎度の長距離ライディングだ。

そして午後6時30分、、無事家に到着。
あき時間めいいっぱい使った小旅行も終わりを告げた。

(第10チェックポイント 京都-自宅[550キロ 22時間[休憩4時間+昼食+ちょいちょい]午後時6時30分到着)

午後8時から23時 キッチリお仕事をして、
本当に終了した。


〈あとがきへ続く〉
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」9章-4日目その2

 投稿者:  投稿日:2019年 2月22日(金)01時58分54秒
返信・引用
  ビールを差し入れて、寮を出た時には、午後2時前。

さてこれからどうするかと。吉田寮、八坂の塔、伏見稲荷は
案外近くにあって移動しやすかった。

京都で行ってみたかったところはあと、2日前に行き損ねた貴船神社と嵐山付近の竹林の小径だったのだが、ここからだとちょっと遠い。時間的には今思えば行けたとは思うけど、結局行かなかった。

目標 竹林の小径 未達ー

お土産を買おうと、また三寧坂付近まで戻る。
この辺でまた行ったり来たり、写真撮ったりして、風呂入りたい、全然入ってない、気持ち悪いってなって、探しに行った。探すとないもので、ここで大阪方面へ向かう。勘違いしていたのだが、帰るには大阪方面から帰るものだと思いこんでいたので、そっちにバイクを走らせた。帰る方向だしま、いっかと。結果的に真逆だったのだが、温泉を見つけてゆっくり浸かる。この辺はのんびり過ごした。ラーメン食べた。
もう小旅行も残るは帰路のみ。午後8時頃。最終目的富士山へ行こうと出発。
この旅の大きな目的であった夜明けの富士山を撮るために6時の日の出に富士に着くように出発したのだが、、

しばらくして雨。本降り。伊賀の里で迷子、大雨、ここの道は2輪車(125cc以下)走行不可迂回しろみたいな立て看板にわけわからん大雑把な地図が書いてあって街灯一つないものすごく怖い(逆に車の通行は禁止みたいなことが書いてある)道を、土砂降りになり、遭難する時はこういう状況からなるんだろうなって思った。 どんどん道が狭くなり、絶対違うだろっって思ったとこに急にでっかい鹿が出てきた!すぐ引っ込んだ!けども、こわいよーと震えながら、引き返し、この道が間違っていたら、近くを走る通行禁止のバイパスに捕まってもいいから入ってしまおうと思うくらいに切羽詰まった状況だった。
遭難するときはこういうお気楽な奴がなるんだろうなー、と思うくらいの雨も降ってた。
幸いにもその道が明るくなっていき、無事に迷い道を抜けたのはほんとにホッとした。

四日市市らへんを通って名古屋の南らへんを通って豊橋市に入ってもずっと雨だったので、夜明けの富士山は諦め、見かけた個室ボックス屋で休憩した。浜松市かな。午前3時になっていた。。
〈続く〉
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」8章-4日目その1

 投稿者:  投稿日:2019年 2月19日(火)20時00分20秒
返信・引用
  9月第2週木曜日ー4日目ー

ネカフェの個室で大いびきかきながら、寝ていたのでしょう。
3時間程爆睡したか、出発は午前8時過ぎ。

今日は京都のみ。
始めは八坂の塔、二寧坂、三寧坂。その先に清水寺があったのだが、清水までは行かず。八坂の塔がメインでした。
お土産屋で狐のお面を買った。

目標 法観寺(八坂の塔)達成ー

お次は伏見稲荷大社。
お初でした。千本鳥居。
昼メシ。鴨蕎麦。ザ観光地。

実は東京根津にも千本鳥居はあって、去年行ったんだけど、こじんまりとして鳥居自体小さく閑散としていたので、伏見もそんな感じなのかなと思っていたら。

すごい人だかりだった。アトラクションみたいな。全く風情がない。かなりの人気スポットなんだなぁと。夏の豪雨の影響で山頂までは登れなかった。人の少なくなったところを無理矢理撮影。

そういえば2日目京都に寄れたら夜の伏見稲荷も目標だった。夜も解放してあるらしかったので。夜の方が人が少なく雰囲気出るだろう。買ったお面を使って撮影したかったけど、人が多くて断念。

目標 伏見稲荷大社 達成ー

次、吉田寮。警察がいた。10月に退去命令出てるからデモでもしてるかと思ったけど、そうでもないらしい。まあ何かと話をつけて中に入らせてもらった。居候の未成年19歳の将来が気になる。鬱蒼とした中庭に入りたかったんだけどそこで事故が起きてたので、そこら辺は入れず。もっといろいろ撮りたかったんだけど、なんかみんなナーバスになってるらしく、あんまり友好的ではなかったかなー。人にカメラを向けるな、とか洗濯物とか、資料的なものは撮るなとか。まあもっともなことですが。

寮内自治権がどこまで認められるのか?
大学内にありながら大学の命令に背いてまで寮内に住み続けることは可能なのか?

新しく寮(新棟)が近くに建っている以上、ボロい寮に住み続けることは難しいだろう。新棟に全ての寮生が入ることが可能みたいだし。
大学側が、誰が寮に入ってるのか把握出来ていない現状を正し、把握した上で自治について話し合うみたいなことが2019年2月の段階で書いてありました。

まだ今の段階では抵抗はしているみたいだが、もうそろそろ全員退去させられるのだろうか?

全員退去して歴史的な建物として保護するのが一番無難なのではないかなー。
建て壊しは勿体ない気がする。でも住んでいるからこその価値かもしれない。
いやーもっと撮りたかった。

目標 吉田寮 達成ー

〈続く〉




 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」7章-3日目その3

 投稿者:  投稿日:2019年 2月17日(日)15時15分29秒
返信・引用
  坂の街、尾道ー
来たかったんだよなぁ、何故か。

尾道3部作ー 「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」

あんまり知らないけど。

きちんと見たのは、新尾道3部作のひとつ「ふたり」だけだけども。それすらあんまり覚えてないけども。

映画「TSUGUMI」の舞台尾道かと思ってたら西伊豆だったし。

来たかったのです。
ゲーム龍が如くでも舞台になっていたので、どんな感じかは知っていた。ゲーム侮れない、全く一緒だ。

しかしながら、なんという失態か、あろうことか、カメラのバッテリーが切れるという事態が起きまして。数枚撮って切れちゃった。

もう午後5時近く。駅前の尾道ラーメン屋(タレントのサインがいっぱいある)であまり美味しくないラーメンを食べてる間30分くらい充電させて貰いました。


坂がきついけどいい雰囲気で、思ったような写真は撮れなかったけど、まあ良かった。すぐ充電切れて諦めて一旦帰ったけど、途中ローソンに電源あるかなと思って立ち寄ったらあったので、そこでも30分充電して15分くらい引き返して夜の尾道も撮ったぐらいに名残り惜しかった。ここで一泊したかった。

さてサクッと京都に戻ろうと思った頃が午後7時30分。当初の予定は午後10時に京都着、もういつも通りの大幅オーバー。
全くイカれた計画だ。
広島-京都は東京名古屋と同じ300キロだ。グーグルマップさんでは7時間15分と出る。それでも午前3時前予定だ。

福山市は大都市だった。都会だ。
ひたすらに東へ。国道2号線を。途中バイパスがあったりして結構いい感じで飛ばせた。
岡山県初上陸素通り。

多分午前0時ごろか。姫路城ー白鷺城が見れるかなーと思いバイパスを降りて姫路市街へ。遠くの方でううーーっすらと白い影が。ハイ、姫路城制覇。

降りたついでに山間で兵庫県を抜けて京都へ行こうとするも、これが失敗だったかも。素直に海沿い神戸を通っていった方が早く着いたかも。
迷ったかわからないけどコンビニあったらすぐ確認。パラつく雨。ようやく亀岡市から京都市街へ着いたのは午前3時30分過ぎ。少し休むためにネカフェで急速に休息を取った。。

第9チェックポイント 尾道-京都[300キロ 8時間[休憩ちょいちょいコンビニで]午前時3時30分到着)
寄り道した挙句、少し迷った割に意外と早いな、こう書いてみると。真夜中だったからかな?

〈続く〉
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」6章-3日目その2-

 投稿者:  投稿日:2019年 2月12日(火)13時17分1秒
返信・引用
  電車が来れば良かったが、撮影も終わりさらに40分以上待たないとダメだったので、お昼前に下灘駅を出発、しまなみ海道入口がある今治市(いまばりし)へ。
すんなり行けるかと思ったが結構時間を食ってしまった。

しまなみ海道は唯一自転車原チャで四国に入れる道である。ただ有料道路(高速道路)と違うのは、島々にかかる橋ごとに料金を払い橋を渡って隣の島に降り、次の橋まで島の道路を走りまた料金を払い次の島で降り、、を繰り返すのだ!(有料は一本道でそのまま尾道へ)

瀬戸内海の景色を見ながら自転車で渡れるというのでサイクリングの聖地と呼ばれているみたい。実際多かったし、島の道も青い線が引かれていて次の橋まで迷わないようになっている。

ただ初めの入り口がわかりにくく橋は見えるのだけれどどこから入るのか分からず結構迷った。

(第7チェックポイント 下灘駅-しまなみ海道入口[75キロ 2時間[道草10分]午後2時前到着)

しまなみ海道目標達成ー

さよなら四国。もう一回くらいきちんと四国巡りして見たい。四国滞在8時間弱。

さて俺はバイクだから楽だけどもサイクリングの人は橋に乗るときかなり上まで登らないといけないのでかなり辛いと思う。
険しい登り坂を周りながら登っていき、賃金を入れる入れ物がある。
長い橋で200円。その他は100円、50円だったかな。誰もいないので入れなくてもわからないと思うけど200円を入れて橋を渡る。橋の下をタンカーが通る。素晴らしい景色を堪能しながら、6個の島を駆け巡る。

結構時間がかかる。島の端から次の橋まで一つの島を15分から20分としても軽く2時間以上はかかるんだなぁ、と。

当初の予定は、海道を行って来いした後に、四国巡りの予定だったので、往復で5時間はかかる。尾道で2-3時間滞在したとしたら8時間、その後下灘駅まで2時間かけて行ったとしたら、
下灘駅出発の時には上手くいったとしても午後5時位になってたはず。そこから桂浜(3時間30分)行ったって日本海みたく何も見えないだろうし、さらに高松(3時間30分)までとなると、、まあ行けなくはないか?午前1時のフェリーには乗れたかもしれない。いやそれはスマホが健在で、その日は四国大荒れの予報だったからやっぱ厳しいだろう。しまなみ海道をまた戻るってのも辛かったであろうし。

さてしまなみ海道ラストは橋ではなくフェリーだった。尾道から一番近い向島から5分間のフェリー。バイクや車でそのまま乗り入れ時間が来たら出発、一番短いフェリーの旅。


(第8チェックポイント しまなみ海道-尾道[70キロ 2時間30分[休憩特になし]午後時4時30分到着)

尾道目標達成ー

〈続く〉
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」5章-3日目その1-

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 9日(土)02時10分37秒
返信・引用
  9月第2週水曜日ー3日目ー

夜中、足が攣って起きる。相当疲れていたらしい。朝5時まで爆睡した。
スマホを確認すると電源がつかない。充電してもつかない。完全に終了してしまった。スマホが昨日壊れていたら、絶対フェリーには乗れなかったであろう。その点ではよくもったというべきか。

(第5チェックポイント 大阪南港-東予港270キロ 8時間[フェリー]午前6時到着)

午前6時予定通り東予港到着。愛媛県。モチロン初めて。四国上陸 。
右も左もわからない。スマホなし。

予定変更。
当初の計画では、まずしまなみ海道で広島尾道まで行って、戻ってからの四国巡り、下灘駅、土佐桂浜、峠を攻めて高松(午前1時でフェリーに乗り、神戸5時着)である。
(この計画自体かなり厳し目だけども)

スマホなしではムリと判断。

土佐桂浜、高松 目標未達

下灘駅ーしまなみ海道ー尾道からの陸路で京都へ。楽々なプランに変更した。
午後10時に京都に着けばいいかなー。(安易)

コンビニで地図を買い、ラインで報告。他にやったことはローソンやファミマなどのWi-Fi無料接続することだった。セブンはなぜか設定なしで繋がったので便利だった。ローソンもなんとかなった。ファミマは設定が面倒であまり使わなかった。
以後コンビニは重要地点となる。何度となくコンビニに立ち寄り場所を把握すると必要があったためだ。この辺の時間ロスは仕方なかった。
(今思えば、壊れた時点で地元のソフトバンクショップに行って買い換えれば良かったかなと思う。でも時間が経てば復活すると思ってたからな)

天気が悪そうで、曇天の中地図を頼りにまずは西へ。目指すは何もない、一番海に近い駅、下灘駅。青春18切符のポスターになってたりして有名?な場所だ。

遠くに見える山々(四国山地)がものすごく高く見えた。
余裕があるので(本当はなかった)途中で写真を撮ったりしてゆっくり過ごした。
ああ余裕がある旅っていいよね(余裕は全くなかった)この辺は楽しかった(後に響くが)

ちょっとした山間を抜けると松山市に着いた。いい街、都会、路面電車、山の頂上に松山城。 ローソンで休憩しつつアイパッドで経路確認。松山城登ろうかと思ったが、時間がかかりそうなのでやめといた。

雨が降りそうなので、DAISOでアイパッド用の防水袋を買った。これまでお釈迦になったら終わりだ。

30分しないうちに瀬戸内海が見えてきた。しかし雨がパラつく。
下灘駅だけは晴れてて欲しかった。
かろうじて降ってはいなかったが、あいにくの曇り空。

ホントに何もない駅だったが、それでも観光に来る連中もチラホラ訪れる。(モデルになってもらった)

下灘駅目標達成ー
(第6チェックポイント 東予港-下灘駅[松山市経由75キロ 5時間[休憩道草3時間]午前11時到着)

〈続く〉



 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」4章-2日目その3-

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 8日(金)01時44分51秒
返信・引用
  結局引き返してさらに北上して回り込みようやく大丈夫そうな場所に出て来れたのが13時頃。3時間も右往左往していたことになる。

半ばフェリーは諦めつつ昼飯もまだ。
しかも30時間寝てない。

一応大阪南港のルート検索をかけると、、
8時間02分と表示!
間に合うが、しかし、ギリギリだぞ?

この時には学んだことがある。グーグルマップの時間はかなりシビアに設定されているという事に。

この8時間02分という数字は文字通りノンストップで、絶対迷わずに行くのが前提なのだ!絶対車では途中渋滞等に引っかかってその時間にたどり着くこととはできない。その止まった時間が追加されていく。

しかしバイクなら、、可能、なのか?
今までもグーグルマップで調べた時間を参考にして計画を立てていたのだが、これまで見る限り全く予定オーバーだ。

まあいっか。希望はあるし、間に合わなければ京都で行きたいとこ回れば。と思いとりあえず向かうことになった。

俺的には名古屋経由で行くつもりだったのだが、グーグルマップさんは石川県福井県経由で琵琶湖の西を走るルートを指定してきました。
もうこれはスマホ頼り。ルートを間違えずにいく

石川県も福井県も初めて。ただ走ってただけだけど、行ったことあるって言える。

グーグルマップさんは結構大通りではなく裏抜けルートを指定してくる。かなりの細道も容赦なく。
それに従いただ走る。ひたすら走る。
5分位予定時間より早くなったらコンビニで買い物する。ウィダーインゼリーで補給し、走りながらチョコを頬張り、2回スマホのために充電器を買い(決して切らすことはできなかった)、
琵琶湖を左手に見て京都のバイパスで渋滞にはまりつつ、大阪市内に入り都会でちょっと迷うも、ついに港へ

着いた!

間に合った!
時間は午後21時05分!予定通り!

本当の予定は京都で貴船神社に行って飯食って余裕をもってフェリーに乗ることだったけども。まあ、良かった。

第3チェックポイント
京都貴船神社目標未達

(第4チェックポイント 白川郷-大阪南港390キロ 11時間[迷い3時間含]午後9時05分到着)

港に着いて乗船する手続きを済ませた後(バイク込み10080円)、バイクを船に入れ、船の個室でようやく一休み、午後10時船は愛媛県(初)東予港へ8時間の旅。
食事できるレストラン(バイキング)は22時30分!には閉まってしまうので、急いで風呂に入り、レストランへ、格別の生ビール、ご飯、チキンステーキ、サラダ、ごぼう和えを食べて、23時、旅行初の眠りにつくのであった。。

〈続く〉
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」3章-2日目その2-

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 7日(木)12時32分22秒
返信・引用
  駐車場にバイクを停めて、ちょっとした橋を渡ると白川郷集落へ着く。思ったのは、普通の家も結構あるんんだなということ。そこに暮らしている人もいるので当然といえば当然なのだけれど。ΔΔΔΔΔΔΔΔばかりと思っている人には残念かもしれない。Δの家は民宿として営業していたりお土産屋さんになっていたり現在も稼働中だ。結構歩いて廻るとそこそこな距離になる。小高い丘まで登って全景を撮ったりしていると2時間程経ってしまった。

白川郷目標達成。

10時出発。
この日の最終予定は大阪南港に午後9時までに着くこと。時間があるので、京都に寄って行きたいとこに行く予定だった。(京都は廻りたい場所がいっぱいあるので、この日と4日目で2回行く筈だった。)
時間はあるので昼に美味しいもん食べる予定だった。

南下を開始。快調に15分位飛ばすとこの先行き止まりの看板がある。
それを無視してしばらく走っていたのだが、気になり引き返す。看板を見るとこの先の温泉までは行けるけどその先はいけない事が書いてあった。

マジか、と他のルートを探してみる。(この時はスマホはある程度復活しており画面上部がチラつく程度で問題なく使えていた)
他の南東に行く方角のルートも行ってみるもその先行き止まりの看板が!

ちょっと焦りまた引き返して白川郷のお土産がある道路交通情報もある場所で確認すると、、夏の台風の影響で、京都方面の主な2ルートは分断されておりそちら方向へは有料道路(高速道路)のみとなります。。

な、んだ、と?

八方塞がり(下方塞がり)。

今回、日本海経由で白川郷行くと決めたのは全くの偶然だったのだが、当初の予定通り富士山経由で行ったとすると恐らく名古屋辺りから北上か、長野経由で西に行くことになるのだけれどそのルートでは閉鎖されており白川郷へはたどり着けてなかったであろう。

その当時、下道で白川郷へ行くには富山県ルートしかなかったことになる。

それが良かったのか悪かったのか。
唯一のルートで白川郷へたどり着いたはいいが京都には行けなくなってしまった。

とりあえず気をとりなおしてまず1時間程北上してから迂回路を探してみると険しそうな峠道が見つかり走ってみることに。
ガードレールもない落ちたら死ぬ崖道を走って行くとどんどん狭くなり、
さらには道路に川が流れている!?場所もあり、ついには舗装されなくなり、行き止まりという。
道路に川が流れてるというのは、山側から滝のように道路に直接流れており、そのまま道路を横断して崖側に流れ、そこから川になってる、みたいな。道路に流れる水はまとまって流れるけど水深はないので、そのまま車は水を通って横断できるのだけれど、あとで知ったがそれはわざとそうしてあるみたい。洗い越しという。(イメージ写真あり)俺が通ったとこもこんな感じだった。
そういう場所が全国にも珍しいけどあるとのこと。

まあこんな風に迷っていたのが、ハプニングが起きたというLINEの時です。

〈続く〉
 

小説「仕事の合間に小旅行でも行こうか」2章-2日目その1-

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 6日(水)17時50分50秒
返信・引用
  9月第2週火曜日ー2日目ー
乾燥された防寒着まじ神。ありがとう店員さん。
雨も止み0時30分、2時間程休んだ後出発。
この時点で想像以上の遅れだ。もう富山市内の筈だった。

ガーラ湯沢から上越までも1時間以上掛かりようやく日本海に辿り着く。

(第1チェックポイント 柏-上越 280キロ 11時間[休憩2時間含]午前2時到着)

ガソリン入れたが、店員さんが給油キャップを閉めてくれなかった。

真っ暗な日本海。
当初の予定では、白川郷へ行く前に富士山の日の出を撮ろうとしてたのだが、行き先を調べていると日本海経由でも1時間ちょいしか変わらないということで、富士山は最終日に寄ることにして、日本海も行くか!となった。

何も見えない日本海を西に進み、新潟県から富山県に入る。日本海沿いから外れ富山市内に入ってから夜があけはじめた。

結局日本海は見れず。目標未達。

牛丼屋あったら入ろうと思いながらずっと走っていたが、それもなかった。日本海沿いには牛丼屋がないという結論に達した。

富山といえば薬売りしかイメージなく、初めての地だ。また来ることはないと思う。
(そういえば昨日偶然にも富山県射水市を舞台にした映画を観て、こういう場所に寄り道もしたかったなぁと思った。)

そのまま富山市を素通りして白川郷へ向かう。
ここで初めて知ったのだが、世界遺産に登録してある合掌造りの集落は3つあるそうだ。そのうちの白川郷が一番大きく有名みたい。
それを知らずにで看板を目印に行くと世界遺産五箇山と出てきて、どういうこと?ってなって調べたらそういう事だそうだ。
結局白川郷しか行かなかったのだけれど、途中道路下に見えたので1枚撮ったのをラインに送ったものだ。なのであれは白川郷ではない。

途中昨日降った雨の影響とやらで、迂回を余儀なくされ(今思えばこれがフラグだった)、30分位の遅れで午前8時にようやく白川郷へ到着したのであった。
岐阜県、ここも初めての地だ。

(第2チェックポイント 上越-白川郷206キロ 6時間[休憩特になし]午前8時到着)

〈続く〉
 

レンタル掲示板
/149