teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:34/3057 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

走り込み

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月10日(火)13時37分18秒
  通報 返信・引用 編集済
   今回改造したBR 01は、Arnoldの現行最新モデルと外観は同じで、モーターをコアレスに進化させたため、走行性能はおそらく同社BR 01でベストになっていると思われる。

 最終の流通モデルはDCCインターフェイスにNEM651ソケット、ライト類はLEDになっているようで、アナログからDCCにする分には手間がかからない。しかしモーターは見慣れたブラシ付き、3極? のまま。テンダから大きなノイズが予想される。

 こちらの1990年前後数年ぐらい発売の同社大型SLモデルに共通しているのは、ライトがアナログ基板に付いており、DCC向けの配線にするには追加の加工と短絡防止の慎重な確認が必要になる。そして分解後の再組立で、車体各所が相当手間取る噛み合い構造になっているなど、かなり面倒。今回実現した走行性能であれば、なにもDCCにしなくともアナログPWMで当面十分楽しめそうだ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:34/3057 《前のページ | 次のページ》
/3057