teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


旧線のこのごろ

 投稿者:MK  投稿日:2020年 8月 6日(木)15時23分34秒
返信・引用 編集済
   常時停まっているのはB20以外、すべてドイツの機関車になってしまった。30年モノ中心の“第一世代”オールドモデルズは、なぜか故障なしの快調そのもの。むしろいつまでも安心して走れるが、音がうるさいので高速や深夜にあまり向いていない。静かに走行するのなら何といっても“第二世代”のフライシュマン。客車は少なめにしてその分の走行騒音を小さくし、日中からノンストップで放置する長時間走行。各機をできるだけ動かし、車両の調子を落とさないようにしている。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 
 

Fleischmannエピソード

 投稿者:MK  投稿日:2020年 8月 4日(火)20時54分56秒
返信・引用 編集済
   私の場合は機関車を集めるのが目的では全然なく、どうしても欲しくなった形式のロコで、事前によく調べてリアルでかつとことん走らせられる見通しがある製品であること―が購入の条件と目的であると自己分析している。買っても、それが実現できない品物であると分かった時は、完全に失敗と言えるのだろう。

FleischmannのN蒸気機関車の特長は走行が滑らかで静粛、かつ品質のばらつきがあまりないことなど。特にギアの設計がA社やM社に比べてがぜん快調で、不調は少なく安定性は信頼できる。ただしタンク機関車(ドイツ語はテンダ機関車)以外、ほとんどが私の好みでない完全テンダドライブ(テンダ車輪だけ駆動)である。

 ところが流線形機関車の場合は、動輪のほとんどがカバーで隠れているため、F社テンダドライブ機関車の、動輪のロックや回転不足の発生といった弱点を、目立たせずに隠せる(過去記事に記載の返りクランク角度のお粗末問題も!)。得意の性能だけ発揮できると私は考えた。これまでのところ、この狙いは図星で、さらに心配していた例の癖のある3極モータも、なぜか今回は予想外の低振動で、加速特性も平準という、快適なものが搭載されているようだ。


Fleischmann Episode byMK Submitted on Tuesday, August 4, 2020 at 8:54:56 p.m. Report Reply/Quote Edited
In my case, it is not the purpose of collecting locomotives at all, and it is a product that there is a prospect that it is examined well in advance in the form of loco which I wanted by all means- and it is a condition and the purpose of the purchase. Even if you buy it, when you find out that it is an article that cannot be realized, it can be said that it is completely a failure.
The feature of Fleischmann's N steam locomotive is that the running is smooth and quiet, and there is not much variation in
quality. In particular, the design of the gear is 900 better than that of Company A and Company M, and the stability is reliable with less trouble. However, except for the tank locomotive (German is the Tenda locomotive), most are complete tender drives (driven only by tenda wheels) that I do not like.
However, in the case of streamlined locomotives, since most of the wheel is hidden in the cover, the weak points of The F Company Tenda drive locomotive, such as the occurrence of a wheel lock and insufficient rotation, can be hidden without being conspicuous (also poor problem of the return crank angle described in the past article!)
)。 I thought that only the performance which was good can be demonstrated. So far, the aim is a figure star, and the three-pole motor with the habit of the example that I was worried about further seems to be equipped with a comfortable one that is unexpected low vibration for some reason, and the acceleration characteristic is also normal. =Edge automatic translation.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

DCC雑感

 投稿者:MK  投稿日:2020年 8月 4日(火)19時34分44秒
返信・引用 編集済
   このfleischmann 流線形BR 01.10の導入で、当方のDCCロコは30台目の登録となる。感慨はある。

 記念すべき蒸機の1台目は英プリンセスコロネーションクラス、4-6-2パシフィックで今から思えば調整も非常に良くできていて英国モデルにしては本当に珍しいことだった。が、そんなことなど知る由もなく、とにかく幸運だった。そして模型店が推薦してくれたのがD&HのデコーダDH05Cで、NEM651に挿入したのが初めての体験。このデコーダも実はピカいちの走行性能だった。恵まれた入門だった。

 それまで夢にまで描いていた、鉄道模型機関車モデルの安定した走行の確保と、超低速からスタートする走行。一定の速度の自動制御、何台ものロコを同一線路上にあるまま自由に運転等々、それらが一気に簡単に実現するのだから、DCCというものに取り憑かれない訳がない。

 さてROCO、Fleischmannのコントローラ、マルチマウスも使いやすいデザインではトップクラスの製品であろう。2年目になって中間のストップ位置のクリックがかなりへたってきたことと、いずれにせよもう1台あるといろいろと便利になるのでグレーと赤の2台態勢にした。能率がぐんとアップして快適である。英国や欧州の模型店を探すと非常に安く、安心して購入できるのも有難い。この恩恵にあずからない手はないのだ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Class 01.10 Obtained

 投稿者:MK  投稿日:2020年 8月 2日(日)13時08分15秒
返信・引用 編集済
  We were able to purchase a three-cylinder streamline of BR 01, which is considered a "new car" around 2011, at a relatively low price. Although it is 717403 of Freischmann, the product that arrived seems to be a Russian version as a model product (it has become a nifty double packaging written as DC20V on the bottom of the case purposely). The condition and performance were also very good, and it was really a big hit with a new car. The decoder of D&H was set to NEM651 in the night, and it enjoys a quiet and smooth high-speed running immediately.
As you know, the German streamlined steamer model is very popular, and the price on the Internet is always quite
high. In Japan, the reputation as a locomotive of domestic streamlined steaming machine is quite low, and the popularity is only in some mania, and the situation is completely different from Europe and the United Kingdom. This super-famous Loco was completed before the war, with a top speed of 150 km/h. It is not until you touch the product that you can get to know some of the true charms of german streamline locomotives.
=Edge automatic translation.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Baureihe 01.10 入手

 投稿者:MK  投稿日:2020年 8月 2日(日)11時15分34秒
返信・引用 編集済
   2011年ごろの「新車」とされるBR 01の3気筒ストリームラインを、比較的安く購入することができた。Fleischmannの717403であるが、届いた製品は模型商品としてのロシアバージョンらしく(わざわざケースの底にDC20Vと表記した気の利いた二重包装となっている)。状態、性能とも非常に良く、本当に新車で大当たりだった。その夜のうちにD&HのデコーダをNEM651にセットし、さっそく静かでスムーズな高速走行を楽しんでいる。

 ご存じの通りドイツのstreamlined 蒸機モデルは非常に人気が高く、ネットでの販売価格相場もいつでもかなり高い。日本では国産流線形蒸機の機関車としての評価がまったく低いせいもあり、人気は一部のマニアにとどまっており、欧州、英国とはまったく事情が異なる。この超有名なロコは戦前に完成、最高速度は150km/h。製品に触れてみて初めてドイツ流線形機関車の本当の魅力の一端を知ることができている。
 

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

手続き

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月28日(火)19時15分9秒
返信・引用 編集済
  【BR 42の続報】やはり前進時のギアの不調が良くならずに悪化したため、無償修理で店(ドイツ)に返送することが決まった。もちろんメーカー修理で、相当時間がかかる。が、再輸出入とするため地元税関支暑での輸出手続きが必要となった。連休中はやっていないので本日“満を持して”発送した。戻って来るまでは恐らく足掛け3カ月はかかると思われる。初体験の発送作業となり、ひと通りのことは不安なく出来るようになった。やはり新車は、信頼できる店からの購入が欠かせない条件だろう。

Procedures
[FOLLOW-UP REPORT OF BR 42] Because the trouble of the gear at the time of the advance did not improve, it was decided to return it to the shop (Germany) by free repair. Of course, it takes a considerable time by the manufacturer repair. However, export procedures at the local customs branch were required to re-import and export. I didn't do it during the holidays, so I shipped it today. It will probably take three months to get back. It became the shipment work of the first experience, and it came to be able to do one thing without anxiety. After all, the new car might be a condition that it is indispensable to purchase it from a reliable store.=Edge automatic translation.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Arnold BR 42

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月10日(金)10時14分14秒
返信・引用
  (HN2333S) Private review after the
introduction (Part 1) This model is a new product on sale. While there is a feeling that the speed of evolution has accelerated at once compared to old models, it seems to be entering another phase, such as the enhancement of the adjustment method. The first phase of facing each other for almost two weeks is summarized. [Features and problems

of decoder] (1) Adopted the attention of LokSound 5, installed by the manufacturer.

Our first ESU decoder. As a first impression, the sound quality is overwhelming compared to the past. In this model, not only does this model feel the atmosphere of Germany where the clear sound of the long-natured flute echoes around, but you can also enjoy a wind that does not feel uncomfortable depending on the length of the blow.
(2) Various sounds and functions are up to F1 to F21. Each volume is independent and it is possible to set the desired.
(3) Personal impression at the moment that it might not be better than D&H unwillingly with respect to the most important locomotive driving. [Advanced

locomotive mechanism] (1) On the back side of all 10 wheels left and right of the wheel, reliably and precise phosphorus bronze terminal is collected in contact.

Tenda also has a red and black company orthodox current collector from all four axes. Only the front wheels are not in charge of the current collector. In addition, the flange of the second to fourth wheel is made low, and it is very real feeling. There is no tendency of the derailment at all.
(2) The front wheel is a swinging mechanism devised to restore power, it does not derail very stable.
(3) Painting (German gray style) is attractive. Especially familiar to the japanese environment, it is easy to use. Because the matte paint surface of gray is a little weak, it is more careful to handle it. The tire side of the wheel seems to be safe in the structure which is not painted.
(4) Mechanical adjustment after the gear in general is almost impossible. There seems to be wiring that the mechanism is delicate and cannot go back the assembly procedure. It is virtually impossible to remove the axle pressing plate of the wheel.
(5) As an unresolved problem, there is a tendency that the trouble of the gear occurs frequently when moving forward.
Perhaps the coreless motor that looked back in the boiler is the cause of the condition getting worse in the important advance. I hope it's not. The silhouette of the locomotive is very good, but it is a new design of a great engine drive. In addition, it is being adjusted by CV. [CV setting became

overwhelmingly abundant] (1) First of all, it is a measure to the lighting over anachronism, but if you lower the corresponding CV to the darker direction, you will not be able to maintain the lighting before the adjustment is completed.

The whitishness of the LED cannot be endured, and the hand of the transparent color combination is applied to the lens. The brightness also decreased, and it came to be able to be seen somehow.
In addition, we are exploring various themes such as interruption of cylinder drain sound that is too
long. Follow-up report? =Edge automatic translation.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Arnold BR 42

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月 9日(木)20時10分34秒
返信・引用 編集済
  (HN2333S)導入後の私評(その1)
 本モデルは発売中の新製品である。オールドモデルズに比べて進化のスピードが一気に早まった感がある半面、調整法の充実などまた別の局面を迎えているようだ。ほぼ2週間向き合っての第1段階をまとめる。

【デコーダの特長と問題】

①注目のLokSound 5 を採用、メーカーで搭載。当方には初のESUデコーダ。第一印象としてこれまでに比べて圧倒的な音質の良さ。このモデルでは長気笛の澄んだ音が周囲に響き渡るドイツの雰囲気を感じさせるだけでなく、吹鳴の長さに応じて違和感のない吹奏が、楽しめる。
②各種のサウンドとファンクションはF1~F21まである。それぞれボリュームが独立して好みの設定が可能としている。
③最重要の機関車運転に関しては不本意ながらD&Hより良くはないのではないだろうか、と現時点での個人的印象。

【進歩著しい機関車メカニズム】

①動輪の左右全10輪の裏側に、確実かつ精密なリン青銅端子が接触して集電している。テンダも全4軸から、赤と黒の同社方式オーソドックス集電。先輪のみは集電の担当なしとなっている。また第2~第4動輪のフランジは低く作られ、非常に実感的。脱線の傾向は皆無である。
②先輪は復元力に工夫した首振り機構で、極めて安定して脱線しない。
③塗装(ジャーマングレー風)が魅力的。特に日本の環境にもよく馴染み、使い勝手が良い。グレーの艶消し塗装面がやや弱いので取り扱いに一層要注意。動輪のタイヤ横面は塗装でない構造で安心と思われる。
④ギア全般の後からの機械的調整はほぼ不可能。メカが繊細で組立手順を遡れない配線があるようだ。動輪の車軸押さえ板の取り外しは事実上無理。
⑤未解決の問題として、前進時にギアの不調が多発する傾向が出ている。
もしかするとボイラ内に収めた後ろを向いたコアレスモータが、肝心の前進で調子が悪くなる原因か。そうでないことを祈る。機関車のシルエットが非常に良く、素晴らしいエンジンドライブの新設計だが。さらにCVで調整中。

【圧倒的に豊富になったCV設定】

①まず時代錯誤の明る過ぎライトへの対策だが、該当するCVを暗い方に下げていくと調整完了前に点灯を維持できなくなる。LEDの白っぽさも我慢できず、レンズに透明色調合の手作業を施す。明るさも下がりなんとか見られるようになった。

その他、長すぎるシリンダドレイン音の中断など、各種テーマを模索中。後に続報か。
 

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

回顧

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月 7日(火)03時50分32秒
返信・引用 編集済
  目の保養に (MK作製・ワールド工芸C53組立キット)

Retrospective: For eye candy (MK production, Worldcraft C53 assembly kit)

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

ややっ

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月 1日(水)22時24分15秒
返信・引用 編集済
   エッジの自動翻訳は非常に便利だが、英語の拙さについてはよく分からないのでそっちの覚悟も必要。また、英語訳がまったく逆の意味になっていることはよくある。試しに、訳された英語をまた日本語に訳してみると、非常にたどたどしく、さらにとんでもないことになっている。日本語はマイナーかつ曖昧な言語のため、相当難しいのだろう。

Automatic translation of the edge is very convenient, but I'm not sure about the poor English, so you need to be prepared for it. Also, it is often the opposite of the English translation. It is very slow, and it is more ridiculous when the translated English is translated into Japanese again. Japanese is a minor and ambiguous language, so it must be quite difficult.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Is your efforts going to bear fruit?

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月 1日(水)20時48分36秒
返信・引用 編集済
  I won a TRIX BR 18.5 sound steamer at a domestic auction. It seems to be a product in 2011, but after having difficulty adjusting and having a hard time, it has finally turned into good condition, and I am relieved somehow. I'll go to the point before I forget it as an example.
After inspection and adjustment, it was found that the decoder installed was made of D&H.
The problem was not solved easily, and the information such as CV table was requested to the company with the feeling that it clinged to straw, and a manual PDF was sent. According to the company, the loco is a regular decoder equivalent to the older DH10A and a SUSI module.
Features: The sound function is only a small amount of F1 to F8 (F7 is free), but it was rather welcome to me as a favorite. It is a draft sound that should be noted, and there are a lot of stages provided according to acceleration, and it is faithfully finely chopped and speeded up. At a maximum speed of around 120 km/h, it is as intense as a beat sound, and it is a wonderful feature reminiscent of the characteristics of the high-horsepower high-speed steamer at that time. I listened to the high-speed draft which was able to consent for the first time in the sound N steamer fourth. The characteristic exhaust sound of the multi-cylinder (4-cylinder) becomes addictive. In addition, it is also impressive to close the throttle and stop the draft for a while by coasting.
[Problem] (1) The reaction to start F1 to F3 was quite slow, and at first it was so terrible that I suspected that there was no
sound. It seems to approach the original reaction rate though it is gradually while trying various corrections and running in.
(2) The reaction of F2 "long whistle" did not improve, and when it finally began to sound, it became a state that did not stop this time, and it was very troubled. In contrast, F5's short whistle reacted immediately at any time (of course) and became an indicator of "sound coming out".
[Latest stage of measures] Initially, it was running using F8 (mute equivalent) because it was noisy while the whistle stopped.
After that, the CV table entered, and various other trials were tried. In the forced stop of this whistle, rather than F8 that the draft also stops, using the vacant F7, in the CV116 to stop only F2 = AUX2, i tried to put bit6 = 64. The reaction has improved fast for some reason when I try to teach the repetition of stopping immediately by F7 when I whistle it for a while. If it improves further, it is likely to endure the highest nature and flute to practical use.
Conclusion: The seller seriously suggests that it seems to be compatible, but it would be the intention to escape the responsibility of the trouble expected from the
beginning. It is impossible to compatibility with the same German leading manufacturers (partnering with decoders), and even rude. Was it an intelligence criminal who ran away with one shot while feeling uneasy about the performance? It is not hard to imagine that the usual successful bidder would have been more discouraged and puzzled than me though it was trained a lot to solve here by oneself.  =Automatic translation of previous article (Edge)

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

努力は実る?

 投稿者:MK  投稿日:2020年 7月 1日(水)09時36分20秒
返信・引用 編集済
   国内オークションでTRIX(MINITRIX)のBR 18.5 サウンド蒸機を落札した。2011年の製品と思われるが、調整に難航し苦労させれた後ようやく解決の糸口にたどり着いたのかもしれない状況で、なんとかひと息ついている。例によって忘れぬうちに要点を記す。

 検品と調整を進めて、搭載しているデコーダは、はからずもD&H製であることが分かった。問題点がなかなか解決せず、藁にもすがる気持ちで同社にCV表などの情報をお願いし、マニュアルPDFが送られてきた。同社によると、このロコは旧製品の「DH10A」同等の通常デコーダに、SUSIモジュールをセットした製品だという。
 特徴:サウンドのファンクションはF1~F8(F7は空き)だけの少なさだが、私には好みでむしろ歓迎だった。特筆すべきはドラフト音で、加速に応じて非常に多く設けられた段階があり、忠実に細かく刻んでスピードアップしていく。最高速120km/h付近ではビート音のように激しく、当時の高馬力高速蒸機の特徴を彷彿とさせる素晴らしさである。私はサウンドN蒸機4台目で初めて納得できる高速ドラフトを聴いた。多気筒(4気筒)の特徴ある排気音はやみつきになる。さらに、惰行ではスロットルを閉じドラフトがしばらく止まっているのもよく出来ていて感動する。

 【問題点】①F1~F3を開始する反応が相当遅く、最初はまさか音が出ないのではないかと疑うほどひどかった。いろいろ修正を試みて走り込んでいくうち徐々にではあるが、本来の反応速度に近づいていくようだ。
 ②F2「長気笛」の反応は良くならず、ようやく鳴りだすと今度は止まらない状態になり、非常に困った。対照的にF5の短気笛はどんな時でも即座に反応し(当たり前)「音が出る」というインジケータになった。

 【対策の最新段階】当初、気笛が止まらい最中はうるさいのでF8(ミュート相当)を使って走らせていた。その後CV表が入り、ほかにもいろいろと試行。この気笛の強制停止には、ドラフトも止まってしまうF8ではなく、空いているF7を利用して、F2=AUX2だけ止めるCV116に、bit6=64を入れてみた。気笛を鳴らしたらF7ですぐ止める、の繰り返しをしばらく教え込むようにやっていると、なぜか反応はどんどん良くなってきた。さらに向上、そのまま定着すれば、長気笛の吹鳴も実用に耐えられるのだが、まだまだ不安定なのである。

 【結論】出品者は「相性があるようだ」とまじめに示唆ふうに記載しているが、最初から予想される不具合の責任から逃れよう―という意図であろう。同じドイツの一流メーカー同士(デコーダで提携)で相性どうこうは無理筋であり、失礼ですらある。性能に不安を感じながらの一発処分か。こちらは自力で解決するのはさんざん鍛えられているが、ふつうの落札者なら私以上に落胆、困惑したであろうことは想像に難くない。
 

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

BR 42 現る

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月27日(土)09時12分27秒
返信・引用 編集済
  詳細は別途。Arnold HN2333S。

A report will come later.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

余計な話

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月23日(火)14時29分33秒
返信・引用 編集済
   欧州や英国の専門店からの通販や、eBayでの取引を実質的に利用し始めてから約1年以上が経過した。体験を重ねて次第に強く感じるのが、日本国内での買い物に比べ、いかに売り手の「モラル」の基準のようなものが違うか―ということである。

 一概にどちらの方が正しく、良いとは言い切ることはできないが、買い手の便利さと安心感は国内の方である。一方、海外との取引にはそれを補って余りある圧倒的なメリットが多々ある。それらをここで説明しても私の得にはまったくならないから、宣伝したいとは思わない。しかし国内で見劣りする点がいかに多いかには気付くべきで、そうした「意識の低さと視野の狭さ」(国内)に関して、不満を感じているマニアも非常に多くなってきているのは心強いことである。

Extra Story: More than a year has passed since I began using mail order and eBay transactions from specialty stores in Europe and the UK. What I feel more and more strongly after experiencing it is how the standards of "morals" of the seller differ compared to shopping in Japan. On the other hand, there are many overwhelming advantages that more than compensate for transactions with foreign countries. It is encouraging that there are a lot of mania who is dissatisfied with such "low consciousness and narrowness of the field of view" (domestic) how many points are inferior in our country.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

“オハニ”?

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月22日(月)23時58分57秒
返信・引用 編集済
  牽引車両の補充、充実を図ることも必要。
その一部のオハニのような荷物・客車に少し惚れ込む。
写真はきょう届いた“2Kl mit Gepackabteil”。車内までよく作り込んである。

 この客車は120km/h。戦後の製造である。モデルはFleischmannの9312と思われる。検品、清掃中に2車軸にわずかな曲がりとタイヤの偏摩耗があるのに気付く。旧線の速度では問題無かったものの、新線で110km/h以上になると異音が発生。手持ちの同社2軸貨車の車輪とサイズが同じだったので交換、快調な走行となった。

Automatic translation excerpts:The model seems to be Fleischmann's 9312. During inspection and cleaning, you will notice a slight bend on the two axles and uneven tire wear. Although there was no problem with the speed of the old line, a noise occurs when it becomes more than 110 km/h in the new line. Because the wheel and the size of the company's two-axis freight car on hand were the same, it was replaced, and it became a good running.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

BR 52近況

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月18日(木)19時16分57秒
返信・引用 編集済
 

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

My shed の日常

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月17日(水)17時41分56秒
返信・引用 編集済
   本月度調達の機材到着待ちで、各機の運転整備、調整に時間を充てる。

My shed's Daily: Waiting for the arrival of equipment procured this month, the time will be spent on the operation maintenance and adjustment of each loco.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

日々共演

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月15日(月)19時44分55秒
返信・引用 編集済
  BR 05(Arnold)とBR 52(Minitrix)。わざわざ狭い旧線を走らせ、レールジョイントとポイントの規則な刻み音をエンドレスに楽しむのもまた魅力。

Automatic translation
Daily Co-starring
BR 05 (Arnold) and BR 52 (2ndrix). It is also attractive to run a narrow old line purposely and enjoy the regular ticks of the rail joint and point endlessly.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

閑話

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月10日(水)11時03分43秒
返信・引用 編集済
   先日のヤフオクでミニトリックスのDCCサウンド搭載のP 8「ほぼ新品」がたしか約2万7千円ほどで落札されていた。写真を見る限り私と同じモデルで、欠点も見当たらなかった。おそらく出品者もびっくり見込み違いの結果だったのではないだろうか。購入した人は果たしてドラフトの同期など正しく調整できる方だろうか、余計な心配までしてしまう。

 ともあれ走行だけでも大変なN蒸機にDCCサウンドの搭載は非常に難しそう。メーカーでなければほぼ無理と私には思える。レール上に止めてあれば気笛を代役で鳴らすことは可能で、各車の発車合図として気分で利用することはできる。アナログ時代の技術の極致の蒸機であり、厳密には気笛は同じ音のものが無いほど個性が豊か。ドラフトにこだわって凝るのもよいが、多彩な気笛だけに特化した仕掛けを1カ所設置して、いつでも容易に鳴らしたい。電子技術の問題ではなく、その音源の製作が大変か。ドラフト音なら昔から動輪の回転に同期して“空耳”状態で容易に想像して満足して走らせてきたが、SLらしいけたたましい気笛の合図なしに黙々と運転をするのは物足りなくなってくる。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Kポイントに新対策

 投稿者:MK  投稿日:2020年 6月 9日(火)19時40分9秒
返信・引用 編集済
   旧線のポイント(KATO)通過に新対策が大当たり。貨物機で万能タイプのBR 52の導入に伴って発生していたKATOポイントの久しぶりの脱線問題。これがイライラの“第2波”だったが、解決に向けて最後まで残されていた同機のトングレール通過時の衝撃音の問題が、ふとしたことから対策を思いつき、ついに解消したので参考に紹介したい。

 このMinitrixのBR 52は、ドイツ型では当方初の先輪1軸タイプの蒸機である。カーブの終わりにある定位のポイントを正面から進行する場面で、カーブ内側の左先輪のフランジが、閉じているべきトングレールをこじ開けて進入し、脱線する事故が連続発生した。動輪が5軸で直線的な構造であるためカーブの内側の先輪に対して、支持点を挟んだモーメントで遠心力とは正反対の、強く内側に押しつける横圧をかけている。このためポイント側であらゆる改良を重ね、ある程度の脱線防止はできても、先輪が進入して通過する際には必ず「パタン」という大きな音を発し、危険を感じて居眠りどころではなくなる。

①真の原因:ある時客車3両を前向きの推進運転で進入していくと、問題の音がしないことに気付いた。そういえばこのモデルは実物には不可欠の先輪の復元バネが付いていなかった。NのSLでは従輪でよく見慣れているが、言わば格好だけで役に立たない余計な車輪が、押されたり引っ張られたりしているだけなのだ。このロコは走って来る機関車の前で先輪のひどく落ち着かない左右の動きが、最初から気になっていた。ボギーでないだけに直進の安定性など皆無なのだ。

②新対策:復元バネをなんとしても取り付ける。できるだけ簡単で確実なものをと、いろいろ考えた。リン青銅板の極薄の微小パーツ材が、幸い前回のBR 05 から外したアナログ用モータ接続パーツにあり、ひと安心。最終的に写真のようなものを取り付けた。
 シリンダ内の空きスペースに3mm真鍮帯材を曲げ加工したステーを半固定。復元バネとなるリン青銅板を半田付けして調整、位置決め。問題の線路では左車輪の脱線だけだったため、左の設置のみで見定めた。効果は著しく、異音も先輪の脱線もまったく発生せず非常に軽快。正面から見る走行ぶりも、先輪が本来の落ち着きを取り戻し、かなり気持ち良くなっている。

Automatic translation excerpts
(2) New measures: Attach the restore spring at any
rate. I thought about the simplest and surething as much as possible. The ultra-thin micropart material of the phosphorbronze plate is fortunately in the motor connection parts for analog removed from the previous BR 05, and it is a relief for a moment. Finally fitted with something like a photo.
The stay that 3mm brass band material is bent in the free space in the cylinder is semi-fixed. The phosphorbronze plate which becomes the restoration spring is soldered, and it adjusts, and it positions. Because it was only a derailment of the left wheel in the track in question, it was decided only by the installation of the left. The effect is remarkable, and the derailment of the front wheel does not occur at all and is very light. The driving time seen from the front also regains the original composure of the front wheel, and it is considerably pleasant.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/149