teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


参考記事

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月20日(金)12時21分58秒
返信・引用
  「日本人に嫁いだ黒人女性が得た幸せな気づき」(東洋経済)

http://news.livedoor.com/article/detail/15037019/

表題の“気づき”という言葉の使い方が〝研修〟ふうで大嫌いだが

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 
 

C53進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月19日(木)19時15分15秒
返信・引用 編集済
  I'ts so exciting to make a model kit of
C53 "World Models " .That is japanese steam  locomotive used for limited express during early showa periodo.

C53はランボードの作製中。細かいハンダ付けは逆に簡単となり、最重要のポイントは正確な曲げ加工である。あくまでよく考えてから作業に入ると意外に「一瀉千里」の感があり、今後の上回りの進捗はこれまで苦労した下回りよりずっと早くなりそうだ。


http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

札幌市長!仕事しろ!

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月18日(水)10時47分27秒
返信・引用 編集済
  南区で国道沿いにヒグマが出ている!

本当になにをやっても困った恥さらし。これまでで最低の市長だ。いまさらもう何を言っても無駄か。市民の意見を聴く気がない(さらに聞いてもやる気が無い)のが致命的。私も最初から何度も指摘してきた。だれもが顔も見たくなくても、発表ものではマスコミからしぶしぶ報道はされるわな、最悪のパターン入り。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

おどろき

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月18日(水)02時43分1秒
返信・引用 編集済
  久しぶりのビッグニュース。

Sinzou AbeがEUとの貿易協定に合意。ユーロニュースのトップ扱いで知った。

おそらく日本の自動車など経済界の意向を汲んだものに過ぎないのだろうが。

一方でドナルド・トランプは、マスコミをはじめとする各既存権力からの執拗な追い落とし攻勢と、これは自己責任としか言いようのない残念な気のゆるみ(今回のUK訪問でのいろいろな失敗など)。

これからの国際情勢がどうなっていくのかますます楽しみだ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53が解決へ

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月13日(金)14時25分53秒
返信・引用 編集済
  下回りはもう1カ所の問題点をついに発見。左側の合併てこ(COMBINATION LEVER)と結びリンク(UNION LINK)の連結部のピンの裏側(ステンレス製)がピストンロッド(真鍮製)と一定の位置でわずかに接触。それがブレーキ現象の原因となっていた。

その解決調整作業にさきほど約4時間熱中した。ようやくレールの上で10グラムの重りも追加することなく、なんとか円滑に走行する進捗を迎えた。

あとは少しずつ慣らし走行でもして仕上げながら、いよいよ待望のボイラ回り(上回り)の製作に移れることとなった。

これまでの一連の手作業で、シリンダブロックなどの塗装がいい具合に剥げ落ち、一部真鍮の色が出てきた。それもいまではご愛嬌か。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月13日(金)02時34分31秒
返信・引用
  1カ所問題点は発見、調整した。(エキセントリックロッド前端とメーンロッドの干渉があった)
しかしまだだめ。右側サイドロッドが一定の位置で“ブレーキ”現象が起こる。原因不明。
引き続き自分で原因の究明しかない。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53がまただめ

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月 9日(月)05時18分17秒
返信・引用 編集済
  さらに良くしようと調整しているうちに症状が逆に悪化。お手上げ状態となる。

W社にヘルプを要請中。この際、どんな回答が来るか待つのみ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

やはり豁然貫通

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月 8日(日)02時22分2秒
返信・引用 編集済
  C53は右側のロッド、特にピストン棒、メインロッドを中心に0.1㍉ぐらいの単位で(修正がしやすい)精密なピンセットで曲げを加えているうちに、ほぼほぼ問題が解決した。線路の上で前後に傾けるとほぼスムーズに自走し前後進でロッドがスムーズに回って走る状態。
ひとまず祝杯をあげた。この上に11グラム程度のボディーが載ればさらに良くなるだろう。油類はいっさいさしていない。(油は鉄道模型の敵)
 正直解決のめどが立っていなかっただけにこの精密な調整の結果に驚くばかりだ。この段階では試行錯誤しかないのかもしれない。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

難航中

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月 7日(土)05時39分44秒
返信・引用 編集済
  C53の製作。左側の動輪ロッド関係はすべて順調に仕上がった。右側も組み上がったが、後の経過が非常に良くない。ある位置で“ブレーキ”がかかる現象が解消できない。どこかに原因があるのだがまだ解明できない。
一方、今後製作する上回りのすべてのパーツの重量を、新規購入したタニタの最新クッキングスケールで計測。わずか11グラム程度しかない。やはり、下回りは単独で、スムーズに動かないと話にならない。この妥協を許さない工程がテンダ駆動ならではの良さとも言えるのではないだろうか。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

ガラ携がステータス?

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月 5日(木)21時30分27秒
返信・引用 編集済
  いま人気ナンバーワンといわれるパナソニックのP-01Fの修理が終わって戻って来た。

さすがにdocomoである。すべてがシステマティックかつ親切。これでしばらくは電池のストックもあるのでスマホを使わなくて済みそうだ。

基本的に、人々?の地下鉄や街中などでスマホをいじる姿が生理的に受け入れられないので…


http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

バスの旅

 投稿者:MK  投稿日:2018年 7月 2日(月)05時19分38秒
返信・引用 編集済
  先日、所用で高速バスで岩見沢に行ってきた。

これまで仕事はもちろん自分で運転して、いやというほど行き来してきた高速道路の車窓を緊張もせず“横から”眺められるのは、バスの楽しさである。ちょうどそのあと、1934年の映画、ゲーリー・クーパー主演「或る夜のできごと」(原題不明)に触れる機会があった。

作品はニューヨークまで1600㌔の長距離バスの旅に乗り込むところから始まる基本は恋愛映画なのだが、これが当時の米国の時代を知るうえですばらしい映画。小生にとって数々、新しい事を教えてくれた。

例えば。日本でいえば昭和9年当時の作品であるが、アメリカでは長距離はバスが主体。鉄道、飛行機、マイカー利用は少ないようすだ。
メディアは当然、新聞が中心の過去の黄金期。ラジオはまだあまり役に立っていないようだ。スピード優先の警察も電話中心。しかし写真電送は当たり前。

驚いたのはすでにヘリコプターのような小さな飛行機が、一部民間で現実に使うことができていたということ。他にもいろいろあったがまた別の機会に。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

ついに泡盛に

 投稿者:MK  投稿日:2018年 6月25日(月)16時47分41秒
返信・引用 編集済
  これははまります。
「大自然」(宝酒造)が好きな人向き。酔い心地がさらにいい。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

小旅行

 投稿者:MK  投稿日:2018年 6月24日(日)21時52分32秒
返信・引用 編集済
  草津温泉に行ってきた。

もちろんいい湯で北海道とは全然別の価値観。人々も垢ぬけしている。たまたまの出会いでイギリス人の優秀な若者と1時間ほど会話も楽しめた。やはり行動すると、いろいろな予期せぬ出来事があるものだとびっくりの連続。

そういえばだいぶ前にもめったに乗らない札幌市電でイギリス人夫婦と話したことがあった。彼らは所作が上品なのですぐに分かるのだ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

クイズの答え

 投稿者:MK  投稿日:2018年 6月15日(金)00時29分38秒
返信・引用 編集済
   いつどうなるか分からない年代でもあるので、先日の「クイズ」の正解を記しておく。

いったんは満足してよくよく見ているうちに、あっと驚くとんでもないミスを発見した。正解はサイドロッドの各軸の突起が全部下向き! これは論外で模型として絶対に妥協できないミス。一瞬わが目を疑い、冷や汗が出てくる。

 原因と対策を冷静に考えるしかなかった。それというのも、各動輪の「ネジ式固定ロッドピン」は非常に繊細。一度ロッド調整し、瞬間接着剤で固定したものをやり直すのは動輪そのものを壊しまう。つまりサイドロッドはもう取り外せないのだ。

しかしこれより前に撮った写真記録を見てみると間違ってはいない。どこかの段階で上下を間違えて動輪を台枠に装着したのだ。皮肉なことにロッド類の調整は最高に調子が良くスムーズに仕上がってしまっていた。(その後結果的に苦労しながら解決した、方法についてはまたあとで)

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

気分転換に

 投稿者:MK  投稿日:2018年 6月13日(水)23時46分58秒
返信・引用 編集済
  ドイツで戦車(実車)の競技会。やっぱり戦車はドイツのレオパルドが断トツカッコいい。美しさへのこだわりが日本とも似てるかも。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00010003-afpbbnewsv-int
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

大変な経験

 投稿者:MK  投稿日:2018年 6月 9日(土)12時55分42秒
返信・引用 編集済
  ようやく目鼻がついた。

予想通り、簡単ではない不調の原因の箇所と究明。相次ぐ修正と調整の繰り返し。実際の作業より観察と思考の時間の方が圧倒的に長い。ようやく左側がほぼ納得できたので、反対側へ行く予定。

この状態で、指で軽く押してスムーズに動かないとお話にならない。ステンレス製のロッド類が気持ちいい。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53 進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 6月 4日(月)02時09分39秒
返信・引用 編集済
  ここでクイズ
作製途中のC53です。私自身驚きのミスを発見、この数日修正作業に取り組んでいます。
さてどこが〝致命的〟ミスでしょう。
正解は作業完成後となります。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

ひとり言

 投稿者:MK  投稿日:2018年 5月29日(火)01時00分16秒
返信・引用 編集済
  自分でもこれほど強まるとは、予想してなかった「症状」が強まっている。

とにかく放送関係では日本語が、受け付けないほど「聴きたくない」症候群? 生理的に本当に不快なので不便というより一種の〝戦い〟に近い状況。本当に困ったものである。ニュースの類で特に顕著な傾向がある。内容自体が聴くに耐えないほどくだらないせいもあるのかも知れない。

念のため断っておくが、日本語そのものが嫌いなはずもなく、人一倍大切にする気持ちは昔から変わらない。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

UTICA

 投稿者:MK  投稿日:2018年 5月22日(火)00時30分24秒
返信・引用 編集済
   父は大正6年生まれで国鉄OB、小生は昭和27年(1952年)生まれ。もの心は青森の鉄道官舎。居間の窓から蒸気機車の往来(津軽線らしい)や汽笛の音を聞きながら…

両親とも亡くなっているが、このほど自宅の古いブリキの道具箱をふと整理してみて、黒々と光る思い出ある小さな〝ペンチ〟を発見。ちょっと手入れしておこう、と観察したら「UTICA TOOLS」そのあとに「USA」の打刻文字も発見。

調べてみると1895年創立のニュ―ヨークのドロップフォージングツール・メーカーである。小生が生まれた頃に、戦後直後のふつうの国鉄職員がこの道具を日用品として購入または贈与されていたことになる。

これより一回り大きい「ペンチ」もあり、子供の自分も酷使した記憶がありかなり傷んでいるはずではあるが、耐久性は抜群であることに違いはない。やはりアメリカは鉄の道具に関してはすごい。

 この写真に写っている裏側にTL-13-Aの打刻があり、調べると1950年に米軍の「通信隊」に向けて造られたモデルで、確かにワイヤストリッパーとしての穴が2個あるのが特徴。
        参照 http://alloy-artifacts.org/index.html
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

ふと思った

 投稿者:MK  投稿日:2018年 5月21日(月)23時30分53秒
返信・引用 編集済
  所詮は、アメリカ人は〝国内戦争〟をあまり経験していないのだ。
南北戦争ぐらいか。あとは先住民の排除や人種差別か。

その点、われわれは戦国時代をはじめ「内戦」の歴史のオーソリティ。この点はBKなどヨーロッパ諸国と肩を並べる。

今のアメリカは相当病んでいることは間違いない。歴史がないぶん逆に「保守」的国民が多いのではないか。テキサス州は銃が無いと暮らせない臆病な人間不信が多いのではないか… 互いに人間であるべき

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/135