teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


走行調整がほぼ終了

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月28日(土)17時47分57秒
返信・引用 編集済
   4年前の作品が仕上げ段階へ。(ワールド工芸 8100形 北炭真谷地5052キット)

 このロコの現在の走行性能からみて、他の機関車と日常的に共演する場面はまずない。さらにこのモデルは先輪とテンダ車輪の輪心が、非常に細いスポーク表現で、絶縁のためプラ製にせざるを得ない華奢なつくりになっており、脱線やポイント誤進入などで他の金属と接触して短絡すると、約3秒足らずで熱溶損が始まってしまう。これではくつろいで運転など不可能、常にスイッチに指をのせていなければならず、実用には無理がある。

 そこでいっそオートカット機能のあるDCCにすると楽だという発想も出てくる。機関車の配線はすぐ変更できるし、デコーダはテンダの石炭の場所に簡単に置ける。しかし、今のようなぎりぎり妥協の走行(集電も)状態で、デコーダを介してのエンストのない走行や、BEMF機能なども発揮できるのか、経験上はちょっと無理だと判定せざるを得ない。
 

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 
 

便利な豆知識

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月28日(土)11時30分6秒
返信・引用 編集済
   KATOの9600やMinitrixのBR 52の古いモデルで経験した、1軸先輪の脱線多発。これに対する簡単な対応は、先頭にヨ5000のようななんでもいいから車両を1台連結してみることである。“手抜き”製品化が原因という確認とともに、とりあえず当座の運転は続けられる。他にも応用できて非常に便利。本来の対策は、先輪の役割の一つでもある復元力を与えることである。リン青銅線の1本でもいい。この配慮があるか無いかで、そのメーカーの取り組み方も分かるというものだ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

8100 Readjusting

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月25日(水)22時05分3秒
返信・引用 編集済
  World Kogei's 8100 is the first brass steamer kit I worked on with the N gauge from around February 2017, shortly after President Trump took office, to the end of that year. Without each need to look back on the article at the time, is it complete? After that, it is a locomotive that did not reach satisfactory performance and waited for the next work while gradually reducing the shine of brass in a corner of the layout while remaining unpainted. It put it on the analogue DIRECT current line by any means this time, and the adjustment was started again. Let's write the progress in the middle of this time below.
★ problem: (1) Stable running is not possible. The cause has not been elucidated. Symptoms include regular large noise and vibration once per revolution of the wheel. To eat an increase in current by a digit compared to a general loco, the motor also generates heat and a long time running is almost impossible. Something is becoming a physical resistance. (2) Do not notice that the tire may come into contact with other parts and short circuit while driving, and the insulating wheel heart of the plastic may be damaged by heat. It was not possible to completely solve it.
★ measures: (2) is not good at speaking. In the locomotive body (-), one brake shoe belonging to the right block electrically the same as the (+) wheel was found to come into slight contact. It was eliminated by adding solder for shaving, bending, and reinforcement. In the tender, a tire was frequently in contact with the carriage frame of the different pole as its axle played greatly from side to side.
This is the line to DCC, a DCC locomotive coupling to this tender towing in various conditions, repeated propulsion, thorough check. By utilizing the safety function of DCC, a short circuit was instantly detected, and countermeasures were implemented. DCC can also be a low-risk means of discovery.
(1) is the most difficult. The regular noise was found to be a phenomenon in which the dead angle of the left and right wheel rods, which is ultimately the fate of the steamer, was made up. In many engine drive models, gears are attached to all-wheel to prevent this phenomenon, and power is transmitted evenly. In this model, the first wheel is a 'simplified' design of only with rods. The catch had occurred from the very place. It cannot be solved essentially, but it has obtained a certain effect by pouring a small amount of oil on the rod pin part.
As for the large current, in addition to repeatedly searching for problem points (increased by mechanical resistance) and repeating the renovation, to suppress the vertical vibration of the wheel axis due to the over-play of the underframe, a small plate spring made of phosphor bronze was made by one-off and made into an additional part to the wheel presser.

The current consumption decreased to tens of mA units of one-point decrease by the above-like measures, and the noise approached normally, too. The current is considerably larger in the advance than the back, and the noise is still noisy and insufficient. If you put about 10.0 g of boiler body in the future, it is expected that (1) etc. will rekindle, and it is still far from the stage where it can be painted.

Previous state https://6252.teacup.com/katohm/bbs/2633

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

8100形 再調整

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月25日(水)15時49分49秒
返信・引用 編集済
   ワールド工芸の8100は、トランプ大統領が就任直後の2017年の2月ごろからその年の年末まで、私がNゲージでは初めて取り組んだ真鍮蒸機キット。当時の記事を振り返り確認するまでもなく、完成? 後、満足すべき性能に到達せず未塗装のまま、レイアウトの片隅でだんだんと真鍮の輝きを減少させながら次の作業を待っていた機関車である。このたびふとアナログ直流線路に載せ、調整に再挑戦をはじめた。以下に今回の途中経過を記してみる。

★問題点: ①安定した走行ができていない。その原因が解明されていなかった。症状は動輪1回転に1回の規則的大ノイズと振動が起きる。一般的なロコに比較して一桁増しの電流を喰うためモーターも発熱して長時間走行はほぼ不可能となっている状態。何かが物理的抵抗になっている。②走行中タイヤが他の部品に接触してショートしていることがあるのに気づかず、プラスチックの絶縁輪心を熱で痛める可能性がある。完全な解消ができていなかった。

★対策: ②は言語道断。機関車本体(-)に、(+)車輪と電気的に同じ右ブロックに属しているブレーキシュー1個がわずかに接触するのを発見。削正や曲げ加工、補強のハンダ追加で解消した。テンダでは車軸が左右に大きく遊ぶことで異極の台車枠に接触して多発していた。こちらは線路をDCCにして、DCC機関車に連結していろいろな条件で牽引、推進を繰り返し、徹底チェック。DCCの安全機能を活用して短絡を瞬時に感知し、解消対策を実施した。DCCはリスクなく発見する手段にもなる。

 ①がもっとも難しい。規則的な大ノイズは、最終的に蒸機の宿命でもある左右の動輪ロッドの死角がからんだ現象と分かった。多くのエンジンドライブモデルでは、この現象を防止するため全動輪にギアを付けて動力を均等に伝達している。本モデルでは第1動輪はロッドのみという‘簡略化’設計。まさにその箇所からひっかかりが発生していた。本質的な解決はできないが、ロッドピン部への微量注油などで一定の効果を得ている。

 大きな電流については(機械的な抵抗で増大か)地道に問題箇所を探して改修を繰り返したほか、台枠の過大な遊びによる動輪軸の上下振動抑制のため、リン青銅製の小さい板ばねを自作して動輪押さえ板への追加パーツとした。

 以上のような対策で消費電流は一ケタ減の数十mA台まで下がり、ノイズも正常に近づいては来た。後進に比べ前進で電流がかなり大きく、まだノイズもうるさく不十分である。今後約10.0gものボイラ本体を載せると、①などが再燃する場合も十分予想され、塗装できる段階にはまだ程遠い感じだ。

前回の状態 https://6252.teacup.com/katohm/bbs/2633

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

ED31の経過

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月17日(火)03時16分21秒
返信・引用 編集済
  半田付け作業がほぼ終了、塗装にかかる前。
(パンタ台などの足は反対に折ってしまったようだ。思い込みで組んでいて、左右対称パーツでよくあるケース)

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Keep Running

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月10日(火)19時39分22秒
返信・引用 編集済
  The modified BR 01 (2520) has the same appearance as Arnold's current latest model and has evolved the motor to coreless, so the driving performance is probably the best for the company's BR 01.
The final distribution model seems to have a NEM651 socket on the DCC interface and an LED on the lights, so it doesn't take much effort to go from analogue to DCC. But the motor has a familiar brush, three poles? it remains. A large noise is expected from the tender.

What is common with the company's big SL models, which were released several years around 1990, is that light is attached to the analogue board, and additional processing and careful confirmation of short circuit prevention is required for wiring for DCC. And in the reassembly after decomposition, such as various parts of the vehicle body has become a meshing structure that takes considerable time and effort, quite troublesome. If the driving performance realized this time, it seems to be able to enjoy enough with analogue PWM even if it's not DCC yet.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

走り込み

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月10日(火)13時37分18秒
返信・引用 編集済
   今回改造したBR 01は、Arnoldの現行最新モデルと外観は同じで、モーターをコアレスに進化させたため、走行性能はおそらく同社BR 01でベストになっていると思われる。

 最終の流通モデルはDCCインターフェイスにNEM651ソケット、ライト類はLEDになっているようで、アナログからDCCにする分には手間がかからない。しかしモーターは見慣れたブラシ付き、3極? のまま。テンダから大きなノイズが予想される。

 こちらの1990年前後数年ぐらい発売の同社大型SLモデルに共通しているのは、ライトがアナログ基板に付いており、DCC向けの配線にするには追加の加工と短絡防止の慎重な確認が必要になる。そして分解後の再組立で、車体各所が相当手間取る噛み合い構造になっているなど、かなり面倒。今回実現した走行性能であれば、なにもDCCにしなくともアナログPWMで当面十分楽しめそうだ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

BR 01 コアレス搭載(追加)

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月 8日(日)19時35分51秒
返信・引用 編集済
   写真は試運転の状態。ほぼ無音で走り出し、レールジョイント音のみ聞こえる走行。このあとテンダ上回りの取付の際に干渉があり、スペーサーの角の削正、シャフト後部短縮などを経て完成した。
 

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

BR 01 コアレス搭載

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月 8日(日)18時43分58秒
返信・引用 編集済
   英国のショップからノーブランド(アジア製?)のコアレスモータを安く購入することができ、到着と同時にBR01の旧式モータとの交換作業を実施した。

 このモデルはArnoldのBR01の後期モデル(最終モデルの前の2520)で、テンダ内モーターによるエンジンドライブである。実際走らせてみるとなんと旧モデルより不快とも思える大ノイズが、テンダを共鳴ボックスとして常時発生する、なんとも興ざめの状態であった。モーター自体が大きな音で回っており、マウント方法や防音材などでいろいろ工夫しても効果はまったく無く、このままでの解決は無理、との結論を得ていた。

 しかし他のメカはよく出来ており、モーターさえ替えれば期待は持てる、という思いが強かった。コアレスモーターの到着で、取付の構想一晩、作業は半日で完成。目指していたノイズの大幅低減を期待以上、ほぼ完璧に実現した。これで夜中に長距離を走らせて居眠りができる大もの蒸機となりそうだ。
(写真のモータは私が追加加工中の状態です。テンダの手前に置いたのが旧モータ)

BR 01 Coreless:
No brand from a shop in the UK (made in Asia?) it was possible to purchase a coreless motor cheaply. And I carried out replacement work with the old motor of BR01 at the same time as the arrival. This model is Arnold's BR01 (2520 before the final model) and is an engine drive with a motor inside the tender.
The installation plan was completed overnight and the work was completed in half a day. It was almost perfectly realized than expected to greatly reduce the noise that I was aiming for. This is going to be a big steamer that can run long distances in the middle of the night and doze off. (The motor in these photos is in the middle of additional processing. The old one is in front of the tender.)

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

進捗

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月 6日(金)01時30分17秒
返信・引用 編集済
   特徴ある顔が姿を現した。ED31(上信電鉄)車体上回り。あとは艤装品の取り付けを残すだけで生地完成へ。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Nライフ

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月 4日(水)10時27分19秒
返信・引用 編集済
   過去記事をだいぶさかのぼって確認すると、私がDCCを導入したのは2019年4月はじめごろで「令和と同じ」と覚えると簡単だった。ついこの前のことなのに、いまレイアウト上はDCC機関車であふれている。その“振り戻し”ではないが、新入りの機関車からDCC化する対象を厳選して絞り込む気持ちが前より強まっている。
 アナログで十分楽しめる=単独運用で十分などいろいろな要素でDCCにする必要がない機関車もある。それを確認するためにも充分な走り込みが必要だ。常時2~3台のアナログ機関車が線路にのっかっている状態。脱線に縁のないPECOのカーブポイントも活用して退避(待機)線も新設した。「選択式」の設定でアナ、デジにかかわらず待機車を増やせる。
 ところで「DCC」は「令和」と同じ趣旨(機関車への指令を調和させる)だとこじつける手もありか。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

台枠

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月 3日(火)20時15分6秒
返信・引用 編集済
   引き続き「上信電鉄ED31」は、台枠の作成が先。機関車の完成後は最も目立つ部分だけに、より慎重に取り組み、この写真の状態になるまで3日ほどかかった。その割には相変わらず不満箇所も残っている。このサイズになると、真鍮の帯状部材は非常にデリケート。まずいと修正が修正を呼ぶので、正しく先を読んでの取り扱い、作業が重要だ…

Frame:
The Jyoshin Electric Railway ED31 will continue to be the first to create a frame. After the completion of the locomotive the most prominent part, it took about three days to work more carefully and to the state of this photograph. In spite of that, there are still some complaints in my work. This size, the brass band member is very delicate. A correction calls for correction again and again, so it's important to read ahead correctly then handle and work...

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

速 報

 投稿者:MK  投稿日:2020年11月 1日(日)22時04分39秒
返信・引用 編集済
   ワールド工芸の現行モデル「上信電鉄ED31」を急遽作成中。やや集中して下回りを組み上げ、最重要の走りを確認。前回のデキ1に続いて、静かでスムーズでなかなか良い。さっそく上回りの車体などの製作に入ることにした。

Quick Report:
The current model of World Craft "Jyoshin Electric Railway ED31" is being created suddenly. I concentrated a little and assembled the lower part, and confirmed the most important run. Following the previous Deki 1, it is quiet, smooth and quite good. I decided to go into the production of the body etc. of the surpass immediately.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

驚きあり

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月29日(木)21時28分52秒
返信・引用 編集済
   かねてから探していた、BR 01のArnold後期型のモデルの良品。このほどeBayで、私の知る相場をかなり下回る、納得できる予算で競り落とすことができた。売主は英国のユニークで良心的なお店。こういうことが自分にも起きるとは思ってもみなかった。届いた商品は予想を超え、ほとんど走らせていない新古品と言ってもいい状態だった。
 その競りの状況は、終了の3秒ほど前に対抗者を振り切る“バトルオブブリテン”を演じていた。いまは、例によってこの機関車(アナログ)の走り込みを続けている。そこで多くの驚きがまた起きている。(続く)

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

“泥縄式”拡張続く

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月28日(水)02時53分27秒
返信・引用 編集済
   あたかも模様替えのように思いつきで拡張を続け、前回の機関車留置線に続き、短い待避線を2,3時間のうちに設置した。
 今回もKATOのユニトラック1本分をPECOのポイントなどPECO製品で置き換え。R381mm30°にSL-E386(エレクトロフログ)がちょうど良く収まる! 便利で、高速走行も快適そのもの。

Extended Continued:
It continued to expand as if it were a makeover, and a short escape line was installed in a few hours following the previous locomotive detention line.
This time, one unit truck of KATO was replaced with PECO products such as PECO points. SL-E386 (Electroflog) fits just right into R381mm30°! Convenient, high-speed driving is also comfortable itself.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

Arnold BR 55の特徴

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月25日(日)17時25分38秒
返信・引用 編集済
   1993年から発売されている(Web上の資料による)、本モデルは、モーターも相当古いもので、運転するとオイル臭が劣悪だった。以前から気になっていた最新の高性能モーターへの交換パーツ。走りの向上だけでなく、「ノイズの低減にも大きな効果がある」との積極回答があったため「sb modellbau」企画商品(ドイツ)を採用した。結果は、ノイズの構成要素には変わりがないが、付属のフライホイールに絶大な効果があり、DCCのBEMF車と変わらないような低速でも安定した走りに変貌した。これによるノイズの低減は確かに得られるようだった。引き続き走り込みと整備の試行錯誤を継続している。これらの問題解決型の楽しみもこのモデルが今も人気の秘密なのかもしれない。

 エンジンドライブにこだわるArnoldのBR 55は、モーターを火室+キャブ内に収めている(Fleishmannの本形式モデルはテンダドライブ)。
 写真のように、動力はピニオンギアで一段減速してから、ウォ―ムギアを介して小径の動輪へ伝達しており、大幅な低速運転と低い位置への伝達の“一石二鳥”としている。
 各動輪軸のギアのほか、アイドリングギアが2個ありこのうち1個がウォ―ムギアと第1、第2動輪の計3つのギアに接して動力を伝えている(1ギア3役)。もう1個は第2から第3動輪に動力を伝達する。終端の第4動輪はギヤなしで、ロッドのみでの伝達となる。
 このように比較的面倒な動力伝達方式のため、ノイズが大きくなるのが本モデルの最大の欠点である。主なノイズは、ピニオン部分のサイレンのような高音と、プロペラ機エンジン音のような低周波うなり音(多数の金属製ギアから発生か)の二つが中心となっている。決して静かにはならない構造上の宿命と思われる。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

BR 55 Then

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月24日(土)02時05分51秒
返信・引用 編集済
  The famous locomotive BR 55 which can be thought to be 9600 of Germany. Both actual machines are said to have started practical production in 1913 (Taisho 2), a famous machine of the early SL mass production era representing the country.
In Japan and 96, there is no way that the number of digits is less than about 5000 cars of BR 55 with a production volume of 784 cars, but the standing position in their own country is the same. Through the maintenance of both models in the N-gauge, the models were strangely equipped with similar problems and charms. The more you look into it, the more attached you are to the locomotive's character. I'll compare and summarize them before I forget as much as I can.
The data of the actual machine is referring to Wikipedia for BR 55 and published publications such as "Locomotive Guidebook" (Seibundo Shinkosha) for 9600.

The "similar" surface of the actual machine, BR 55:9600.

(1) Total length about 18:16m, Drive wheel diameter 1350: 1250mm, D-type tender shaft arrangement 0-4-0: 1-4-0.
(2) Vapor pressure 14bar: 13.5kg/cm2 .
(3) Horsepower 1260PS: 980HP?
(4) Maximum speed 55:65km/h.
(5)Year of manufacture 1913-1921:1913-1926.
(6) Retired 1972:?
It follows another article about the model.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

BR 55その後

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月24日(土)01時29分19秒
返信・引用 編集済
   ドイツの9600とも思える名機関車BR 55。ともに実機は1913年(大正2年)から実用生産が始まったとされ、国を代表するSL量産時代初期の名機。
 わが国・96は生産台数784両でBR 55の約5000両より桁が少ないのはしようがないが、それぞれ自国内での立ち位置は同じ。Nゲージでも両モデルの整備を通じて、ふしぎなことに模型同士もまた似たような問題と魅力を備えていた。調べれば調べるほど機関車のキャラクターに愛着がもてる。できる範囲で忘れる前にそれらについて比較、まとめてみたい。

 実機のデータはBR 55はWikipedia、96は「機関車ガイドブック」(誠文堂新光社)など出版刊行物を参考。

 実機の“類似”面、 BR 55:9600。

①全長約18:16m、動輪径1350:1250mm、D型テンダ軸配置0-4-0:1-4-0.
②蒸気圧14bar:13.5kg/cm2 .
③馬力1260PS:980HP?
④最大速度55:65km/h.
⑤製造年1913~1921:1913~1926年.
⑥退役1972:?年.

 模型について別稿に続く。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

製作ほぼ終了

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月19日(月)19時34分58秒
返信・引用 編集済
   メーカー銘板(相変わらず素晴らしい出来)や、鉄道会社マークなどを取り付けて終了。キットに入っていた社名レタリングはゴシック活字体の方で、実車が良く模写されている。特徴ある「自重34.5t」表記は、惜しむらくはサイズの縮尺が明らかに違っており、使えなかったのが残念である。

Production almost finished
It ends with the manufacturer's nameplate (as good as ever) and the railway company mark attached. The company name retarding that was included in the kit is a Gothic type, and the actual car is well copied. The characteristic "self-weight 34.5t" notation, unfortunately the scale of the size is clearly different, it is regrettable that it could not be used.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

D&H製に換装

 投稿者:MK  投稿日:2020年10月18日(日)17時24分38秒
返信・引用 編集済
   Next18向けデコ―ダDH18Aは、D&H社の夏休み明け後の9/23(水)に到着していた。アーノルドのE 42への単なる交換作業。ボディを外すのが大変なのが分かっていたせいもあり、他車の作業も落ち着いた本日、ようやく実行した。

 いやな予感の通り、前回破損しそうだった微小箇所を損傷したが、走りはまったく別ものに生まれかわった。違いのすごさに驚かされるのは、これが何度目か分からない。分かりやすく言うと、機関車の値段が1万円ぐらい高くなった感じがする。この結果に、満足しないわけがない。面倒なので前のデコーダのままで妥協しようかと長引かせていたのは単なる時間の無駄でしかなかった。主な違いは次の通り。

①同じ速度の高速走行でも極めて安定するため、ずっしりと重量感が出る。列車全体が本物の走りのように見える。
②モーター音が落ち着いていて実感的。超低速の加減速のリアルさは凄い。
③LEDの光まで、明から暗まで安定し、これまで気になっていた蛍光灯のようなちらつきが無くなった。

Replaced with D&H
The Next18 decoder DH18A arrived on Wednesday, September 23, after D&H's summer vacation.  Mere replacement for Arnold's E 42. Partly because I knew it was hard to remove the body, finally performed today when the work of the other car has calmed down.
As I had a bad feeling, I damaged a small area that seemed to be damaged last time, but the run was completely different. I don't know how many time I'm surprised at how amazing the difference is. To put it plainly, I feel that the price of the locomotive has increased by about 10,000 yen. There is no reason not to be satisfied with this result.It was only a waste of time that I was prolonged whether to compromise with the previous decoder. The main differences are as follows:
(1) Extremely stable even in high-speed running of the same speed, a heavy sense of weight comes out. The whole train looks like a real run.
(2) The motor sound is calm and feeling. The realness of ultra-slow acceleration and deceleration is amazing.
(3) Up to the light of the LED, stable from light to dark, flickering like a fluorescent lamp that had been worried about until now has been eliminated.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/152