teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


まずシリンダ部分から組み立てるかな

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月18日(日)00時22分44秒
返信・引用 編集済
  当然ながら、Nゲージの動力車は、ぞの性能全般が車輪からの安定した電導関係にデリケートな注意が必要であり、設計の良否が強く反映される。

今回のモデルは小生にとっても初めてのテンダ動力車方式(昔から知識としてはあったが、このように完全に分離してしまったのは、あまり例が無いのではないか)。なるほど、最初から予想できた通り、テンダの完成は複雑な機関車本体に比べては容易だし、模型としての動力部分は実径で860Φ前後の車輪4軸を駆動するDLにも似て、安定していて無理が無い。ほぼ満足に完成した今は、機関車本体の今後の工程の構想に入った。

特に動輪からの安定した集電などの注意を払う必要が無くなった分、製作の工程の関係では、塗装と組み立ての順ぐらいが大切になり、その際、集電性能への影響等を心配しなくてもよくなることは画期的だ。

実物の不安なSLを、うしろからDLが押しながら、自走「復活運転」を演じるのに近く、機関車本体の走り装置などの機械部分の円滑な動きなどの調整保守等に集中できる。このC53は、従来の多くのNゲージSLモデルに比べ、保守までも相当楽になることが予想され、いまから楽しみだ。例えば、もう動輪を神経質に磨く必要も無くなる。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 
 

テンダの今後の課題

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月17日(土)19時50分46秒
返信・引用 編集済
   C53のテンダ自体はカプラ-も付けて完成、試しにしばらく休んでいたオハ35一両をつなげて走行。ほぼ問題なし。

しかし、Nゲージの金属キットとしては初の塗装だったためか、細部の塗装の耐久性に不安を残す剥がれが、少々発生している。

今後解決が必要な重要イシュウ(issue≒課題)。正しい「原因」が、塗装前作業の①洗浄不足か②下地か③塗料そのものか④テクニック不足ーなのか。

これからよく経過を観察・考察し、最善の解決策を模索することとしている。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53テンダ

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月13日(火)02時30分16秒
返信・引用 編集済
  ほぼ完成、何度も言うがこのモデルはテンダが動力部分になっており、これが走行性能そのものとなる。相当重要な段階を達成した気分です。

塗装はほどほどに。しすぎると台車部分など電導の問題から走行性能に影響しかねない。見えない部分は塗装しないという、一般のマニアとはちょっと違うスタンスかもしれません。

前述の自慢の右側のパイピングも写るように完成写真。

走行は状態は順調です。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

テンダの完成に向かう

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月12日(月)00時15分7秒
返信・引用 編集済
  テンダ床と本体を1.4㍉ビスで固定。いよいよ台車枠(特に機能はない台車の外観のみのドロップフォージング部品)を取り付ける。

これがくせもので、説明書にはタップの指示がないまま受け部が出来上がっており、解決策はタップを無理に立てると取り付け部そのものがもたないという判断。壊れてしまうと直しようがない華奢なエッチング部品。

そこで1.0㍉ビスをこのためにあらかじめ取り寄せてあった。ちょうど良く締まるものと締まらない(穴がやや大きい)部分あり。ナットも用意してあり、対応可能の予定だ。

このように問題を自分で考えて解決していける、このワールド工芸のキットはやめられない楽しみが得られるベテラン向きのモデルだ。非常によくできた商品。この内容で、あまりに安すぎるのが逆に心配になる。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

余談…

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月10日(土)08時16分27秒
返信・引用 編集済
  人間の心理をご存知だろうか。

ネット利用はそれこそ20年近くにはなるが、驚くことは多い。

例の1。タイトルや背景の色は非常に重要。BBSをやって、初期に体験。赤系統はまったく違う反応を呼ぶ。攻撃的言動を呼び、あの人がーという経験も幾多あり。青系統に変えたところ、反応はまったく無くなった。これには驚きしかない。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

再掲

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月10日(土)07時50分26秒
返信・引用
  気分の重い時はこれで

https://www.youtube.com/watch?v=eExnLs7aunQ

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

最後の支局長⑤

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月10日(土)01時22分1秒
返信・引用
  人は助け合って生きていると同時に、傷つけあって生きているのである、とふと思った。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

最後の「支局長」④

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月10日(土)01時05分9秒
返信・引用 編集済
  いきなり「記憶が飛んだ」のが「最後の支局長」の③だった。

タイムス時代などの記憶は、まさに、今から思えば「若気の至り」の満載。その失敗の数々が今に至るまで、私の人生に影響し、しかしながらなんとか乗り切っているというのが、変わらぬ印象である。

今月に入ってつい先日。私自身、まったく予想もしていなかった大失敗が、ある飲食店に行ったことによって発生した。―それは法的には犯罪では無かったとしても、自分の精神には、久しぶりの大きな傷となってぐさりと突き刺さり、今後もしばらくすっきりしない日々が続くであろう。極めて不愉快な出来事だった。

人生というものは、思わぬところで、過去のちょっとした伏線が、想像を超えた年限を経てからでも自分に襲いかかるものなのだということを突然思い知られ、非常に暗い気持ちにさせられている。しかしこのことによって、この歳になっても勉強させられているということを強く感じる。こういう時にこそ「捨てる神あれば拾う神あり」ーをまた強く感じるという予感はある。歳をとっているかどうかはあまり関係ない。むしろ前頭葉が老化した後の方が危ないのかもしれない。最近のいろいろな事件報道を見ても分かる…


http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53テンダの進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月 6日(火)23時13分58秒
返信・引用 編集済
   思えば「氷川丸」以来の塗装作業か。C53のテンダの塗装作業に入った。

 ところで先日、偶然かつての船や飛行機の模型クラブの懐かしい名簿が出てきた。先日の休日に、年輩の多かった船のクラブの方々にためしに電話してみた。ほとんどの電話が使われていない。おそらく何らかの事情によって環境が変わり、最悪、亡くなっているのかもしれない。小生の10年先輩なら75過ぎ、なにがあってもおかしくない。

そのうちの一人のOBにつながった。声は元気そうだったが、ご本人は体の調子が悪く、模型の類はすべて処分してなにも無く、趣味をする余裕も意欲も無いという。

私より若い人かと思っていたが三歳年上だった。悪くなったきっかけは、大きな船の模型の塗装で、例によってシンナーの問題だと断言していた。シンナー恐るべしである。

こんな貴重な知見があり、今回の私の作業は、これまで同様エアブラシ禁止、有機溶剤は極力排除するという結論が出た。この方針で一部仕上がったテンダだが、むらも逆にいい感じで、なんら問題なしーと自己満足。


http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53テンダ進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 2月 3日(土)03時03分17秒
返信・引用 編集済
  C53の雄姿は、昨今のSLブームで忘れていた、蒸気気機関車本来の魅力を思い起こさせてくれるインパクトがある。

さてワールド工芸Nゲージ、テンダ。ここに付けて下さいと言わんばかりのスペース。はい付けましょう給水パイプ。0.5㍉Φの真鍮棒であっさり付ける。(テンダ右下)

さて次はテンダの塗装に入る。下地処理から塗装まで、ある意味テストとなる。いろいろ方式を検討中。

ちなみに前述のパイプは本来機関車右側のボイラ給水ポンプにつながる配管の基本。キャブ下でインゼクタ方式の給水にも分かれる。久しぶりに知識の確認。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月31日(水)23時42分49秒
返信・引用 編集済
  動力部のテンダが重要。これが完成すれば機関車本体と言える「ボイラ部」と「走り装置」はひたすら組み上げるだけとなり、非常に楽になるだろう。

そのテンダ部。走行も好調でほぼ満足する状況で推進中。資料を考察し、独自のパイピングを追加のあと、一気に塗装仕上げまで持っていく構想が浮上してきた。



http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

それが民主主義?

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月23日(火)00時59分7秒
返信・引用
  最近のアメリカの国を挙げての相変わらずの反トランプ「キャンペーン」ー。やっている本人たちは少しは冷静になれないのだろうか。

日本以上にひょっとして〝インテリ〟大マスコミ支配、いわゆる体制派の支配が進み過ぎ、逆に自分たちが「ポピュリズム」そのもののような動きである。一流とされるインテリ層がこぞって「トランプがバカだ」ーと言って共通しているのは、あまりに幼稚で幻滅。正直私には理解できない。国民の自己矛盾そのものに気付く人が少な過ぎる気がする。

われわれは少なくともこのような逆方向のキャンぺーンには注意すべきであり、日本のマスコミも無批判過ぎるのは当たり前。今さらなにも期待はしていない。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

高桑五六技師

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月23日(火)00時23分8秒
返信・引用 編集済
  中学時代といえば、国鉄発行の有名な「鉄道辞典」(上下)を入手(父親が職場からなぜか持ってきた=かなり傷んでいて、事務所のどこかに放置されていたものと推定)。今でも座右の書のひとつであり、感謝は計り知れない。

そこでいつも感じることがあり、いまだ未解決。

SLに関する記事では、圧倒的に分かりやすく、他を圧倒して大半を執筆しておられた、署名(高桑五六)という国鉄の技師に関することがまったく分からないのだ。

小生にしてみれば、零戦設計の堀越二郎氏にも匹敵するほどの、尊敬する方となっている。

あれほどの方の情報がなぜないのか、これが長年の私の謎である。このままだと多分、あの世でお会いでもして疑問が解消する日を待つしかないのかもしれない。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

「1時間」

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月22日(月)23時45分39秒
返信・引用 編集済
  「就寝前の1時間を模型製作に当てている」ー私が中学生だった頃、TMS(鉄道模型趣味)誌のHOゲージSL組み立てキットの投稿記事を読んでいて、強くあこがれとして印象に残っていた言葉であった。

 それから約50年後、まさか自分がまさにそのような心情で金属モデルを製作しているとは、予想できなかった。しかし確実にそれは“ぜいたくな”ホビーライフの実現である。

かたちは比較的安価な、Nゲージの真鍮キットであっても、HO以上に深い楽しみの部分もある。

とにかく、何千点ものパーツがある訳でもないので、確実に1年前後で完成できるスタンスである。
(写真は仮り載せした製作中のC53テンダ上部)
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

テンダ後部の完成

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月19日(金)23時01分39秒
返信・引用 編集済
  風邪気味だったが夜には回復。インフルではなかったようだ。

テンダ後部の写真は意外に、無いので、同時代のC51や9600などの写真を探して参考にした。
テンダは今後、台枠や台車の取り付けの佳境に入る。しかし、この後面左側に〝旗振り用の〟ステップが無いのが理解できないなど不明点もあるのだが。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

MK

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月18日(木)17時57分6秒
返信・引用
  このBBS(掲示板)の母体は、拙ホームページなのだが、種々の技術的事情により、更新が少ない。そこでこの掲示板が主体となっているが、軍艦マーチにも進化があることがうれしい。↓

https://www.youtube.com/watch?v=eExnLs7aunQ

.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

…支局長

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月18日(木)08時47分20秒
返信・引用 編集済
  いきなり記憶は飛ぶ。

単身で「網走支局長」を務め始めてしばらくすると、そこは三十代の若さ、すぐにその土地と人々に解け込む。今から思えば夢のようだ。市長は安藤氏。当時はたしか市長会の会長だったのかと思う。記者クラブへ行けば、地元紙の幹部クラスが何人も並んでお茶話をしている。

当時は地元の住民票もそこらへんで確認できるほど緩やかな時代だったと記憶している。

日々の仕事は正直それほどきついとは思えなかった。周辺の北見支社や紋別支局、さらに斜里のタイムスOBの「通信員」などと体制は整っている。

変な話、趣味の模型作りも若さにまかせて継続中だった。当時作ったのが米「TIME」誌の表紙を飾ったイスラエル空軍のF16。迷彩塗装が気にいって、手塗りでぼかしながら作製した。作品は今でも自宅の部屋にある。

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

DEATH WISH

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月18日(木)07時45分41秒
返信・引用 編集済
  先日見たチャールズブロンソンの1974?年の映画。いくつも調べたい単語があった。

ビジランティは字幕で「アマチュア刑事」だと。このあまりにもひどい訳がきっかけ… 記憶がある単語…それは1970年ごろに退役した米戦闘機のビジランティだった。F15にも似ているかっこいい艦上機(ノースアメリカン社)。昔の「航空情報」で見た記憶があった単語だ。ちなみに訳は「自警団」が一般的。

「32口径」も気になった。いた、マニアが↓

http://na64ta64.militaryblog.jp/e13198.html

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

C53 テンダの進捗

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月14日(日)07時13分34秒
返信・引用 編集済
  説明書には「とくに難しい所はありませんが…」との記載があるが。例によって充分に難しいというのが実感。作業手順の構想がなにより大切。しかし製作に充分に浸り楽しめるモデルであることは間違いない。それにしてもこのキットは販売価格が安すぎるという印象。逆に心配したくなるほど。
.

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

私見だが同意見は多い

 投稿者:MK  投稿日:2018年 1月13日(土)10時05分56秒
返信・引用 編集済
  ①新幹線:その中の一つ、札幌駅のホームの位置の問題。見ていられない。なにより、市長や知事の無責任な意識の問題が大きい
②日本ハム球団新球場の問題:同じく現札幌市長のばかさ加減を象徴。球団の希望は当初からスケールが違う。今回は北広島で決まり。札幌の市長は仕事をしているポーズのみ
③原発、JR廃線問題:知事の無能ぶりは明らか。まったく自分の思想(あるかどうかも疑問、ただの役人のボス)による仕事はしない。国の言うまま
④私は、地方の不採算路線はバスなどの鉄道以外に移行するのが当然と考える。SLや原発と同様、やめるべきものはすみやかにやめるべき。そもそも新幹線すらここには不要で、将来の負担に負えるものではないことは明らか。固定観念で規定路線なら、ばかでもできる

http://m-katoh.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/132